インフォメーション

日本地域創生学会設立にあたって ご挨拶

 日本の地域の現状は、人口減少や高齢化の進展など、愛着心を持ち住み暮らす人々のモチベーションが低下 し、年々、まちの底力も弱体化しています。今、その状態からすぐに脱却することは容易ではないといえます。大切なのは、自分たちの力でできる「まち育て」「ひと育て」の構想とその実現です。

 そこで、今、地域創生に関する研究と理論、具体的な事業構想とその実現は喫緊の課題となっています。また、地域リーダー・プロデューサー人財の養成や定着は、地域創生には欠かせないことです。日本の地域創生は、まず、五感(感動)分析から特性を掘り起こし、地場の基幹産業とつなぎ、よく研くことです。このような状況のなか、本年8月26日、日本地域創生学会は、将来の希望と活力を創発するために、全体最適、「五感六育」思考で地域創生の創造を目指し、学術的研究や政策提言、実践をするとともに、地域の未来を担うキーパーソン人財の養成とネットワーク構築することを目的として設立しました。日本の繁栄は、地域創生から始まります。地域には産業・歴史・文化があります。地域には真心、恕(じょ)と志があります。

 地域が輝きを取り戻すには、まず、私たち自身が知り気づき行動し、知識を知恵として、お互いに輝くことです。情熱を持ち、「できない」を「できる!」に変え、構想実現するひとを孤立させないことです。この輝きをより一層研く機会(場)が日本地域創生学会です。そのために、産学官金公民の様々なひとが結びつくことが肝心です。地域と地域、ひととひとが、広聴・傾聴・対話、交流することが大切です。様々な国と国とが理解し合い連携することが重要です。今後は、次年度の大会(2018年8月25日)に向けて、早期の法人化、地域創生projectの事業構想と実現、人財養成と定着、地域創生に関する資格制度等の確立などを目指してまいります。

 ぜひ、日本地域創生学会にご入会いただき、真心、恕(じょ)と志を持ち、ともに、日本の地域創生の実現を目指して、新たな友情と希望の文化を創造、実現し、国内外へ創発いたしましょう。

  • 2017年8月26日
  • 日本地域創生学会会長 木村 俊昭(東京農業大学教授・内閣官房シティマネージャー)

日本地域創生学会の目的とは

 日本地域創生学会は、日本の各地域の特性を大切にしながら、各地域に将来の希望と活力をもたらすため、地域創生に関する学術的研究や提言をするともに、地域を担う人財を養成することを目的とする。日本の繁栄は、地域創生から始まる。再び、地域が輝きを取り戻し、人々が活気溢れ、多様な文化のもとに賑わう社会をつくることを目指すものである。

設立:2017年8月26日
会長:木村 俊昭(東京農業大学教授)
事務局:日本地域創生学会
所在地:札幌市西区八軒2条東1丁目3-3-403
E-mail:chiiki@jsle.jp

日本地域創生学会 地域創生宣言文

 日本の地域の現状は、人口減少や高齢化が進み、モチベーションが低下し、年々、弱体化している。今、その状態から脱却することは容易ではない。

 地域創生に関する研究と理論、具体的な事業構想とその実現は喫緊の課題である。また、地域人財の養成や定着は、地域創生には欠かせない。日本の地域は五感(感動)分析から特性を掘り起こし、よく研くことである。将来の希望と活力を創発するために、「五感六育」思考で地域創生の創造を目指し、学術的研究や政策提言をするとともに、地域の未来を担うリーダー・プロデューサー人財を養成することを目的とし、ここに日本地域創生学会を設立する。

 日本の繁栄は、地域創生から始まる。地域には歴史がある。地域には文化がある。地域には真心、恕(じょ)と志がある。私たちは、かけがいのない地域を守り、発展させるため、共感・共創の世界観を持ち、知と愛と情熱を惜しみなく注ぐことをここに誓う。

 地域が輝きを取り戻すには、まず、私たち自身が知り気づき行動し、輝かなければならない。私たちの輝きを研く場が日本地域創生学会である。そのためには様々なひとが結びつくことである。地域と地域が交流することである。様々な国と国とが理解し合い連携することである。このネットワークと一体感が地域創生の土台を形成するものである。

 私たちは、地域創生のための新たな友情と希望の文化を創造し、創発することをここに宣言する。

2017年8月26日 日本地域創生学会

次年度以降開催地

  • 2018/08/25(土) 愛知県 東海市
  • 2019/08/24(土) 沖縄県 沖縄市
  • 2020/08/29(土) 北海道 恵庭市
  • 2021/10/23(土) 東京都